アトラス・オーソゴナルとは

アトラス・オーソゴナルとは
Dr. Roy W Sweat

アトラス・オーソゴナル・カイロプラティックは米国ジョージア州アトランタの Dr. Roy W Sweatによって考案されました。
アトラス・オーソゴナル・カイロプラティックにおいてアトラス(第一頚椎)は特に重要です。
アトラスは円周2~3cm、重さは約50グラムの小さな椎骨ですが、4kg~6kgもある頭を支え、全脊椎の中で一番可動域の広い椎骨です。

アトラスの矯正によって頭を身体の中心軸上に戻すことで、脳からの神経伝達や身体バランスを理想的な状態する施術法です。 神経を守る大切な脊椎のズレ・歪み(サブラクセイション)によってその神経伝達に不具合が生じ、 疾患などの原因になります。
アトラス・オーソゴナル・カイロプラティックは、サブラクセイション状態にあるアトラスをごくやさしい力で痛みや不快感を与えずアジャストします。

アトラス・サブラクセイション(異常)

アトラスのサブラクセイション状態では、神経の伝達や血液の流れが低下するだけではなく、身体中心軸からズレた重い頭を支えようと全身で補正する為に、下部の脊椎にまで歪みや圧迫が生じ痛み、臓器機能低下、身体のこわばり、免疫力の低下などをまねきます。
また、筋肉の緊張や左右足長バランスのみだれも生じます。
アトラスのサブラクセイションは直接的に脳からの神経伝達に悪影響を及ぼすだけでなく、心臓から動脈によって脳に送られる血流の低下もまねきます。
それらによって頭痛、偏頭痛、耳鼻障害、アレルギー、喘息、首/肩の痛み及び痺れ、腰痛など数々の症状をひき起こします。

アトラス・サブラクセイション(異常)

アトラス・オーソゴナル(正常)

アトラスのオーソゴナル状態では、神経の伝達や血液の流れが良好状態であり、頭も身体の中心軸上にしっかり安定しているので、臓器、身体機能も理想的で最適な状態にあります。
また、筋肉は適度にリラックスし、左右足長バランスも保たれます。

アトラス・オーソゴナル(正常)